及川 大輔(青山学院大学経済学部)さん 2015年 東京大学公共政策大学院(経済政策コース) 一橋大学経済学研究科(比較経済・地域開発専攻:専修コース)

及川 大輔(青山学院大学経済学部)

東京大学公共政策大学院(経済政策コース)
一橋大学経済学研究科(比較経済・地域開発専攻:専修コース)

 今回の合格は遠山先生の力なしでは100%有り得ませんでした。私が経済塾に通い始めたのは11月末だったので約10ヶ月経済塾にはお世話になりました。経済塾入学前の私の学力はERE経済学検定Bランク(偏差値47)程度で、東大受験とは全く縁がありませんでした。もちろん、入塾当初は東大を受ける予定すらありませんでした。そんな私が最終的に東大に合格できたのは先生のおかげです。大手予備校と比べ、経済塾は以下の点で優れていると感じました。

①少人数制
 授業中・時間外問わず非常に質問しやすい環境でした。経済塾の授業は18時30分から21時30分までの約3時間でしたが、私は17時に教室に行き帰るのは24時頃でした。
さらに、先生とは帰る方向が一緒だったので、帰り道は併願などの相談に載っていただきました。また、研究計画書の添削・過去問の添削なども丁寧にしていただきました。先生が作ってくださった過去問の模範解答も解説が丁寧でとても読みやすかったです。

②アカデミックさ
 普通の予備校とは異なり、経済塾は受験テクニックを伝授するところではありません。「なぜそうなるのか」というのを深く追求するのが経済塾の教え方です。公務員試験の経済学と院試のそれは似て非なるものです。特に東大は理論を根本から理解していないと解けない問題が多く出題されるので、小手先のテクニックではなく学問としての経済学を教えてくれる経済塾を強く推薦します。

③授業構成
 院試は出題範囲が非常に分かりにくいです。なぜなら、大学院によって出題傾向が大きく異なるからです。私は東大公共と一橋経済学研究科を受けましたが、出題の方法・範囲ともにかなりのズレがあったと思いました。経済塾では「東大では○○が出やすいが、一橋では××が多い。」といった出題傾向を知ることができ、どこをどれだけ勉強するべきなのかが非常に分かりやすかったです。先生は20年分近くの過去問のストックから特に大切なものを選んで解説してくださるので、ノートを完璧に理解することが最重要だと感じました。