Sさん(東京理科大学)2007年 東京大学大学院経済学研究科、一橋大学大学院経済学研究科、大阪大学大学大学院経済

ここでは経済塾を活用した勉強の仕方を紹介したいと思います。
1勉強の基本は授業のノート中心
経済塾の講義ノートは要点が非常に良くまとまっていて、院試で最低限必要な事が網羅されています。ノートを仕上げるだけで8割くらいの問題に対応できるは ずです。後は、過去問や演習本を解いていて、ノートに書いていない事が出てきた時は、自分で調べるなり、先生に聞くなりして、知識をつければいいと思いま す。
2東大の過去問演習はかならず受けよう
東大の過去問は良問の宝庫であり、これをやるだけでかなり力がつきます。東大を受験しない場合でも受けた方が良いと思います。

私は理系出身で、11月から通っていたのですが、受験年の3月までほとんど試験勉強をしておらず、さらに、4月から卒研がかなり忙しくなり、一時はどこに も合格できないのではないかと思った時期もありました。しかし、先生に何度も励まされ、時には夜遅くまで勉強を見てもらったこともあり、そのおかげで受験 したすべての大学院に合格することができました。今になって思うと、時間が無いからこそ、経済塾の講義ノート+過去問をひたすらやったことが合格につな がったのではないかと思っています。